マネージャー役割 診断

マネージャー役割診断 表紙2

診断の概要

●マネージャー本人とその部下からアンケートをとり、マネージャーの役割について診断します。
●マネージャーの役割を、①指導者、②管理者、③支援者、④伝導者、⑤意思決定者の5つに分類しています。
●役割の「発揮度」だけではなく、マネージャー本人や部下が考える「重要度」も合わせて分析します。


このような企業様におすすめ

部下がマネージャーの言うことを素直に聞かない・・・
マネージャーによる部下育成がなかなか進まない・・・
マネージャーが、部下育成における課題を把握できていない・・・
マネージャー陣がマネジメントスタイルを確立できていない・・・

 


マネージャー役割 診断の内容

大項目=マネージャーの5つの役割

マネージャーの5つの役割に沿って診断します。

❶指導者としての役割
指導者としての役割は、仕事のやり方がわかっていない部下がいたら、「やり方を指導する」というものです。その道のプロフェッショナルとしてノウハウを伝授することで、スキル不足の部下が成果を出すことができるように導いていきます。

❷管理者としての役割
管理者としての役割は、「やるべきことを、やるべきときに、きっちりとやらせきる」ことです。成果を追求するマネージャーとしてしっかりと部下の行動を管理し、実行してもらうことで成果を出すことができるように導いていきます。

❸支援者としての役割
支援者としての役割は、部下が困っていたら、「気持ちを汲んで、助ける」というものです。指導して、管理するだけではなく、部下が困っているときはしっかりと気持ちを汲みとって、やさしく手を差し伸べ、苦しいときでも前に進めるように導いていきます。

❹伝導者としての役割
伝導者としての役割は、「部下が正しい方向に進めるように、あるべき姿を示す」というものです。より簡潔に「部下に仕事の目的・目標を持って働いてもらう」と言い変えても良いです。ただ利益を上げることを求めるだけではなく、経営理念を示し、仕事の目的を達成できるように導いていきます。

❺意思決定者としての役割
意思決定者としての役割は、「部下が迷っているときに、判断し意思決定する」というものです。複数の選択肢から進むべき道を明確に意思決定し、部下が迷わず全力疾走できるように導いていきます。


小項目=各役割の詳細

各役割に対して10の小項目があり、5つの役割×10項目=全50項目の診断となります。


分析の切り口

各役割の「発揮度」だけではなく、「重要度」についてもアンケートを取得し、以下の4つの切り口でマネジメント上の課題を洗い出していきます。

●部下から見たマネージャーの役割「発揮度」
●部下が考えるマネージャーの役割「重要度」
●マネージャー本人から見た、マネージャーの役割「発揮度」
●マネージャー本人が考える、マネージャーの役割「重要度」

 


アウトプットイメージと「診断からわかること」

全体サマリー(レーダーチャート)

①部下(重要度)×マネージャー(重要度)
マネージャー重要度と部下重要度
役割認識のズレが把握できます。

部下の育成を考えてよかれと思ってやっていることであっても、部下が素直に聞いてくれない。そうした経験はマネージャーであれば誰しも一度は経験するものです。マネージャーと部下の気持ちが一致しているのかを把握し、今後のマネジメントに役立てます。



②部下(重要度)×部下(発揮度)
部下実践度と部下重要度

部下のニーズに応えているかどうかを把握できます。

部下に迎合する必要はありませんが、部下のニーズにまったく応えることができないマネージャーというのも考えものです。部下が考えるマネージャーの役割に対して、マネージャーが実践できているかどうかを把握し、今後の信頼関係構築に役立てます。



③マネージャー(重要度)×部下(発揮度)
マネージャー重要度と部下実践度

マネージャーが重視している役割が、部下に浸透しているかどうかが把握できます。

マネージャーであれば、部下が自分に期待している役割とは関係なく、重視しなければいけない役割があると思います。そうしたマネージャーの信念が部下に伝わっているかどうかを把握し、今後のマネジメント強化に役立てます。



④部下(発揮度)×マネージャー(発揮度)
マネージャー実践度と部下実践度

自他共に認める「強み」や、マネージャー本人が気づいていない「強み」が把握できます。

5つの役割をバランスよく発揮することも重要ですが、人それぞれ向き・不向きがあり強化しやすい役割とそうでない役割が出てきます。自身の強みを強化し、確固たるマネジメントスタイルの確立に役立てます。


各役割の詳細(スネイクチャート)

スネイクチャート 実践度と実践度
50項目の結果について、スネイクチャートをアウトプットします。
※上図は、「伝導者」の10項目に関するスネイクチャートです。実際には50項目のチャートをアウトプットします。

 


ご導入の流れ

●お問い合わせ・お申込み
お問い合わせ後、マネージャー役割診断の具体的な内容と導入手順の説明にお伺い致します。内容にご納得頂いた後、お申込みへと進みます。

●事前打ち合わせ
スケジュールの確定、アンケートの対象の決定、集計手順の調整など、作業を確定していきます。
また、診断結果の活用方法についても検討を行います。

●アンケート実施
実際にアンケートを実施します。アンケートは紙媒体です。WEBには対応しておりませんのでご了承ください。

●集計・レポート作成
アンケートを集計し、レポートを作成します。レポートは紙媒体、PDFにて納品させて頂きます。

●ご報告会
レポートを元にご報告会を実施致します。マネージャー向けではなく、事務局様向けのご報告を想定しています。マネージャー向けのフィードバックを意図した説明会や研修については、オプションメニューとさせて頂きます。

 


費用

・基本料金:30,000円(税抜き)
・マネージャー1人あたり:3,000円(税抜き)
例)マネージャー15人に実施する場合:30,000+15*3,000=75,000円

 

contact-2

 

ページ上部へ戻る