中川 渉の記事一覧

  1. thinking

    「自分で考えろ」と上司から丸投げされたときに使える思考方法

    デキる上司ほど、「自分で考える部下」を重用します。当たり前ですが、上司一人の時間は有限なので、「部下に任せられる部分はできるだけ任せたい」と考えているからです。

  2. presentation step

    提案書を効果的にプレゼンテーションするための4ステップ

    「提案活動」は、社内外問わず必要とされる活動の一つです。顧客への営業提案、社内への改善提案など、提案から仕事が始まることも数多くあります。提案活動は大きく分けると2つあります。企画を提案書という書面にまとめる活動と、提案書をしかるべき人へ伝える、「プレゼンテーション」です。

  3. letthink2

    自分で考えることができない部下を育てるための4つのステップ

    管理職をしていると、手のかかる部下の育成に悩んだりするものです。中でも、「自分で考えることができない部下」の育成が大変ですよね。こうした部下に指示を出すときには、事細かに指示をしなければなりません。

  4. shutterstock_155857700

    部下にロジカルシンキングを促す3つの質問

    「部下がもうちょっと深く考えてくれたら…」と悩んでいる管理職の方は多いのではないでしょうか。ロジカルシンキング、いわゆる「論理的思考」は、部下に裁量を与えて働いてもらうときには、ほぼ必須のスキルです。

  5. mission

    優秀なリーダーは経営理念でフィードバックする

    経営理念を浸透させるためにはどうしたら良いだろうか。企業経営者やリーダーが頭を悩ますテーマの1つだ。カードを作って唱和させたり、理念に沿った行動を称賛するのも良いが、優秀なリーダーのやり方は少し違う。日々のフィードバックの中で経営理念を使い、部下に浸透させていくことができる。

  6. 情熱のマネジメント2

    部下のやる気に火をつける「情熱のマネジメント vol.2」

    情熱マネジメントの応用編を書いています。入門編では火をつけるまでのプロセスを書きましたが、応用編では火がついた後のプロセスについて書いています。

  7. 情熱のマネジメント

    部下のやる気に火をつける「情熱のマネジメント」

    情熱の形で部下を5分類し、どの手順で部下をやる気にさせていくか。情熱マネジメントの方法について考えてみました。発燃性の人、自然性の人、可燃性の人、不燃性の人、消燃性の人。分類で留めず、マネジメント方法まで掘り下げてみたいと思います。

  8. shutterstock_149406848

    リーダーシップとマネジメントの「違い」「優劣」「分担」

    リーダーシップとマネジメントの違いは何だろうか。いや、その前に、そもそも分けて考える必要はあるだろうか。結論として、リーダーシップとマネジメントを分けて考える意味はある。

  9. 新人教育

    新人教育で知っておくべき5つの指導方法

    今年も沢山の新人が社会に出た。その反対側には、沢山の教育係がいるということ。新人研修も終わり、いよいよ配属という会社も多いだろう。そこで今回は改めて新人教育のあり方について考えていきたい。1.5つの指導方法新入教育には5つの方法がある。

  10. shutterstock_245706880

    成長企業から学ぶポジショニングマップの作り方

    こんにちは。PISのブログからお届けしています。営業研修を行うと必ず出るテーマの一つが差別化に関するものです。どのマーケットでも競合が乱立しているためコンペになることが多く、競合他社との違いを明確にすることが求められています。

ページ上部へ戻る