仕事の仕方・成長加速

  1. work harder

    長時間労働は悪か?

    首相が「長時間労働」を否定するコメントを発表している。

  2. hard work

    一生懸命働くと見えてくる世界がある

    一生懸命働くと見えてくる世界がある。かつての上司にそう教わった。だが、それを聞いた時は正直に言うと「何それ、会社が従業員を使うための定型句なのだろうか」と思ってしまった。なぜなら、私は就職氷河期に就職をしたので、企業の冷たさを知っていたのだ。

  3. dislike

    上司や先輩で「どうもこの人と合わない……」と思った時、試してみると良いこと

    新人の方は、そろそろ通勤にも慣れてきた頃でしょうか。今はまだ研修中の方も、これからゴールデンウィーク明けや、6月頃から徐々に現場に配属になっていくと思います。そして、配属された時に、まず最初に皆様が感じるのが、会社にはいろいろな人がいる、ということではないかと思います。

  4. decision making

    判断力を鍛えるトレーニング方法

    人生は「判断」の連続です。特に仕事では、時代の変化に対応するために、スピーディーな判断が求められます。様々な人が判断の重要性について言及しており、例えば、元トヨタ自動車社長の奥田碩氏によれば、〝Fast Eats Slow〟であり、よりスピーディーな判断が必要になってきています。

  5. good boss or bad boss

    「部下を成長させる上司」と「部下をダメにする上司」の5つの本質的な違い

    「人間はどこにいても学ぶことができる」は真実ですが、周知の通り「成長の早い場所」と「成長の遅い場所」があるのも事実です。社会人は学校と異なり、定められたカリキュラムを行うわけではありません。したがって、「どこで働くか」、もっと言えば「誰と働くか」は、成長のスピードと大きな関連があります。

  6. wish road

    【若手向け】 やりたいことを見つけるにはどうすればよいのか?

    やりたいことが見つからない……そんな声を、若手の方々からよく聞きます。おそらくそういった人は、「やりたいことをやっている人は楽しそうだ」「やりたいことをやれば、モチベーションが上がるはず」「やりたいことを仕事にできるのがよい人生」などと思っているかもしれません。

  7. longvacation

    若手のための、長期休みを取る時にやっておくべきこと

    いよいよ年末です。長期休みをひかえ、旅行の計画や年末年始の人との出会いが楽しみな方も多いと思います。

  8. readingfun

    本嫌いを克服し、読書習慣を身に付ける方法

    読書が苦手な人にとって、「本を読め!」と言われるのは、嫌いな食べ物を「鼻をつまんで食べろ!」と言われているに等しく、親切心が単なる強制に聞こえるものです。本当に嫌いな食べ物は、臭いを嗅ぐだけでも嫌だったりします。

  9. mnemonics

    学習したことを確実に覚えるための記憶術

    カンニングがNGの学業とは異なり、私たちビジネスパーソンはマニュアルを読みながら作業することを許容されているため、全ての知識を覚える必要はありません。また、様々なITツールの登場によって、知識へのアクセスは容易になっており、「知っていること」の優位性は低下しつつあります。

  10. priority

    仕事の優先度の本質とは何か。期間と難易度で分類すべし。

    生産性高く働く上で重要なのは、「仕事の細分化」と「仕事の優先度づけ」であることは、多くの人々の意見の一致を見るところだろう。

ページ上部へ戻る