コミュニケーション

  1. goodluck

    辞めていく有能な社員を引き止めるべきだろうか?

    会社は人が入れ替わる。本当にたくさんの人が入れ替わるだから、出会いと別れは必然だ。だがもちろん、そう言いつつも誰にとっても別れはそれほど良いものではない。

  2. dislike

    上司や先輩で「どうもこの人と合わない……」と思った時、試してみると良いこと

    新人の方は、そろそろ通勤にも慣れてきた頃でしょうか。今はまだ研修中の方も、これからゴールデンウィーク明けや、6月頃から徐々に現場に配属になっていくと思います。そして、配属された時に、まず最初に皆様が感じるのが、会社にはいろいろな人がいる、ということではないかと思います。

  3. in their shoes

    「相手の立場に立って考える」の本質とは

    先日、「相手の立場に立って考える」について考えさせられるニュースがあった。サッカー界のスーパースターであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、自身のスパイクを寄付したことによりエジプトで問題となっている。イギリス『BBC』など複数のメディアが伝えた。

  4. gone

    「辞めていく人への接し方」は経営者、上司の真価が問われる

    「あいつは、うちの会社で働くべき人間じゃなかったからな。」と、その経営者は言った。「上司ってのは部下のために働かなきゃならない。だけどあいつは、自分が褒められたくて仕事をしていた。ま、自己顕示欲が強すぎるんだな。そういう奴はウチの会社にはいてほしくなかった。

  5. business game

    上司との付き合い方を、ゲーム感覚で攻略している若手社員がいた

    ある企業の若手社員研修を担当する機会があった。その企業では、ゼネラリストを育てるという方針のもと、若手社員に短期間で様々な部署を経験させることを徹底している。1年で異動する社員も多く、他社と比較すれば、少し極端なジョブローテーション制だ。

  6. gender

    「女性社員の活性化」を議論して気づいたこと

    当初、「ジェンダー」として位置づけられてきた女性の社会進出ですが、のんびりやっている間に、「労働人口」の問題へと発展してきました。

  7. boss monkey

    職場にいるボスザル上司を何とかしたい

    皆さんの職場にはボスザル上司がいますか?ボスザル上司とは、例えばこんな上司のことです。全てにおいて許可を求めてくる。

  8. communication skill

    コミュニケーションの本質は「マーケティング力」に他ならない。

    私は長いこと、「コミュニケーション能力」に係る研修を様々な企業の方に提供してきた。 その内容は、というと概ね次のようなものである。

  9. stop drink

    会社における飲み会の上手な断り方

    社内外の飲み会は、なかなかさけて通れないもの。年配の中には「飲みニュケーション」こそが重要であると考えている人も多く、また、普段は見せない姿を飲みの場では見せてくれる人が多いのも事実である。

ページ上部へ戻る