経営理念・組織風土

  1. misunderstanding

    上司と部下は、なぜすれ違うのか。どうしたらうまく一緒に働けるか。

    面倒くさい上司は世の中に沢山います。例えばとりあえず何かにつけて「数字を出せ」だの、「費用対効果は〜」だの言ってきます。もちろん数字に厳しい上司は必要ですので、仕方ありませんが、ちょっと聞きかじったようなことを言ってくる上司、迷惑ですよね。

  2. factional fight

    社内政治や派閥争いへの本質的対応とは

    「社内政治は無駄である。だから、関わらない」と言えたら、どんなに仕事は楽だろう。だが、人が集まれば望むと望まざると政治は始まってしまう。経営者が政治を望んでいなくても、権力がある所には政治が存在する。だが「社内政治」はあまり評判の良いものではない。

  3. truth

    本当のことを言わないほうが得をする、と社員に思わせたら、その会社はオシマイ。

    「社長には、口が裂けても本当のことはいえませんよ」と、知人は言った。彼はとあるサービス業の社長の腹心で、もう付き合いも長い。創業してまもなく入社した彼は、社長に気に入られ、抜擢されたがすぐに社長の本当の姿に気づいた。社長はお客さんや外に対しては非常にウケが良い。

  4. family organization

    上司と部下が、強固な親子関係で成り立っている会社は危ない

    長くコンサルティングや研修をしていると、「この会社はこれからも成長しそうだな」とか、「この会社はちょっと危ないな」といったことを感じる場面があります。

  5. pros and cons

    「言ってることはわかるけど、お前が言うな!」の末路

    あるクライアント先のプロジェクト・ミーティングでの一コマ。そのプロジェクトは比較的順調に進んでいるものの、大きな成果を出すまでには至っておらず、どこか決め手に欠けるような状態が続いていました。プロジェクト・リーダーが、メンバーに対して積極的な提案をするよう促します。

  6. vision taklking

    経営ビジョンを語るときの注意点

    経営者や管理職の仕事の1つに、「社員に経営ビジョンを語る」がある。有能な人々は、強制や管理で動かすことはできないからだ。「ビジョンに共感してもらい、自発的に動いてもらう」ことが、有能な人々を動かすカギだという。

  7. culture

    「組織風土」を改革するためには、どうすれば良いか?

    「組織風土」や「社風」という言葉がある。「経営理念」などと並び、経営陣や管理職、そして社員の方々の行動様式をある程度決めているものの一つは、この「組織風土」である。

  8. missionforpresident

    【経営者向け】 経営理念を社員に浸透させるにはどうしたら良いか?

    経営理念を持つ会社は数多くあります。「理念だけでは食えないが、理念がないと長期にわたって繁栄できない」と言われますが、正解のない「企業経営」に原則が必要であると考えた経営者が、社員の行動の規範や、意思決定の拠り所として使うことが多いでしょう。

  9. mission

    優秀なリーダーは経営理念でフィードバックする

    経営理念を浸透させるためにはどうしたら良いだろうか。企業経営者やリーダーが頭を悩ますテーマの1つだ。カードを作って唱和させたり、理念に沿った行動を称賛するのも良いが、優秀なリーダーのやり方は少し違う。日々のフィードバックの中で経営理念を使い、部下に浸透させていくことができる。

  10. martinlutherkingjr

    キング牧師に学ぶ経営理念の作り方

    こんにちは。株式会社PISのブログからお届けしています。仕事柄、経営理念の浸透というキーワードに良く出会います。経営理念は抽象的概念で浸透することが難しいため、浸透とセットで語られることが多いのだと思います。理念の内容よりも浸透が大事であるという論調まであります。

ページ上部へ戻る