「辞めていく人への接し方」は経営者、上司の真価が問われる

「あいつは、うちの会社で働くべき人間じゃなかったからな。」と、その経営者は言った。

「上司ってのは部下のために働かなきゃならない。だけどあいつは、自分が褒められたくて仕事をしていた。ま、自己顕示欲が強すぎるんだな。そういう奴はウチの会社にはいてほしくなかった。」

まわりでは、辞めた上司の部下が経営者の話を聞いている。

「そう思わないか?」と経営者が周りに聞く。

「もちろんそうですよ、私、前からあの人の発言は気になっていたんです。成果を出していない部下をきちんと叱れないし、なんか部下に媚びているみたいでした。」

一人の社員が同調する。

「そうか、やっぱりな。」

「いやー、本当に問題でしたよ。やめてもらって本当に良かったです。」

「そうか、そうか、会社の理念に同調できない人は、やめてもらわなきゃな。」

その社員と経営者は意気投合したようだ。

「いや、新しい体制は期待が持てますね、頑張りましょうよ!」

「おう、頼りにしてるぞ。」

だが、他の社員は黙っていた。

飲み会が終わると、ある一人の社員と帰途についた。

「辞めた人、評判悪かったんですね。」と、私は何気なく聞いた。

その社員は「いや」と言葉を濁す。

「どうかしました?」

「さっきの話なんですけど、私は個人的には尊敬していたんですよ。でも社長とウマが合わなくて。」

「そうなんですか。」

「ええ、確かに欠点も多い人だったんですよ。叱れないってのも、まああの人自身がルールをあまり守らない人でしたからね。」

その社員は懐かしむように言った。

「そうですか。」

「でも、すごい熱心に指導してくれて、クレームのときは私たちに必ず同行してくれて、『責任はオレが』って言う人でした。そういう意味では、良い上司だったんですよ。」

「さっきの話とは大分違いますね。」

「そうです、社長だってほんの1年前までは『うちの部長はほんとにできるヤツだ』と言ってたんですよ。」

「そうなんですか?意外ですね。」

先ほどの様子からは想像もつかない。

「欠点を上げればきりがないので、社長と彼の話もデタラメ、ってわけじゃありません。でも、私は本人がいない所でああして中傷する人が苦手なんです。」

「モラルの問題、って言うことですか?」

「いいえ、そんな難しい話じゃないです。でも、辞めた人を好きだった人もたくさんいるわけですよ。」

「でも、社内に混乱を引き起こした。」

「そうかも知れません。その事自体はしかたがないと思います。これ以上会社にいたらマズかったとも思います。でも、そうであったとしても、辞める人のことを悪しざまに言うのは賛成できません。」

「そうなんですか。」

「彼のことを嫌っていた社員ですら、『社長があの人のことを言うたびに、つらい気持ちになる』って言ってます。」

「……。」

「やっぱり会社をやめる時は、ああいうふうに言われてしまうんだなって。なんか、寂しいですね。私も影で、散々言われているのかもしれませんが。」

ーーーーーーーーーー

「あいつが、ろくに引き継ぎもやらずに辞めちまったから、こんな余計な仕事までやらなきゃいけないんですよ。」と、部下の一人が言った。

「それにしても、あいつ口だけは一人前だったけど、全然働きませんでしたね。」

数名の部下たちも「そうだ」と言わんばかりだ。

「リーダーも、かなりやりやすくなったんじゃないですか?やっぱり、チームはまとまりがなきゃダメですよね。」と、彼は続ける。

現在、プロジェクトは一人の人間が突然、十分な引き継ぎをせずに辞めてしまったことで、混乱をきたしていた。お客様からの問い合わせに回答が遅れ、叱責を受ける人もいた。

不満の矛先は、やめてしまった人物に向けられた。

だが、リーダーは部下から声をかけられ、こう言った。

「辞めた人のことを、悪く言うんじゃない。彼の不満を解決できなかったのは、私の責任だ。本当に申し訳なく思っている。」

部下の一人があわてて言う。

「い、いやそんなつもりじゃないですよ。申し訳ないです。リーダーのせいではないので。」

リーダーは皆に向かって言った。

「大丈夫、気を使ってくれてありがとう。

いま、状況のわからなくなっている事項のリストを作った。みんな、申し訳ないんだがこのリストを埋めてもらえるかな。

あとは私の方で判断して、お願い事項をまとめる。協力をお願いすると思うが、よろしく。」

部下たちは頷いた。

ーーーーーーーーーー

経営者や上司と合わず、異動や転職で職場を去る人も多いだろう。

別れを惜しまれることは、その人にとって一種の名誉だ。

だが、その一方で「別れ」につきものなのが、「辞めた人への中傷」である。

社員同士での噂になる程度であればまだ良い。最もマズいのは「経営者」や「管理職」が退職した人物を悪しざまに言うことだ。

終わったこと、辞めた人間を責めても何も生まれない。むしろ自分を貶める結果となる。肝心なのは、これからどうするか、だけなのだ。

 

この記事を書いた人
安達裕哉
経営・人事・ITコンサルタント。ティネクト株式会社代表取締役。世界4大会計事務所の1つである、Deloitteに入社し、12年間経営コンサルティングに従事する。1000社以上の大企業、中小企業にIT・人事のアドバイザリーサービスを提供し、8000人以上のビジネスパーソンに会う。自身の運営するブログ「Books&Apps」は月間PV数180万以上。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です