問題解決力・向上研修

protop2

1.研修の狙い

目的
問題解決の基本的なフレームワークを学習し、絵に描いた餅で終わらせず、実践できるようになること

目標

  1. 問題解決の基本的なフレームワークを学習すること
  2. 優れた問題解決のポイントを学習すること
  3. 優れた解決者になるために必要な視点を学習すること
  4. 解決策を実践につなげるために必要な視点を学習すること
  5. 様々な演習を通じて、フレームワークを使いことなすこと

 

2.研修のターゲット

ターゲット 課題設定・解決力 向上研修

問題解決力・向上研修は幅広い階層に対応できる研修になっています。

  • 主体的に改善案を出して欲しい若手社員
  • 改善案を出すだけではなく、実践に移して欲しい中堅社員
  • 現場のオペレーションを改善して欲しいマネジメント層

など、課題設定、解決の実践力を向上したいというニーズに応えます。

 

3.研修のポイント

基本的なフレームワーク

課題設定・解決のフレームワーク 課題設定・解決力 向上研修

研修全体を通じて、シンプルなフレームワークの学習、練習に集中します。

問題解決に関する研修では「MECE」「特性要因図」「ロジックツリー」などの思考ツールが紹介されますが、それらは全体像を示しておらず、幹と枝で例えるなら枝の部分です。

目標が低ければ、問題も小さくなるため、まずあるべき姿を明確にすることが重要です。小さな問題についてMECEで考えたところで大きな成果は期待できません。

まずは問題解決の全体像を学習します。

 

課題を解決までを体系的に学習

全体像 課題設定・解決力 向上研修

実際のビジネス現場では、課題や解決策を考えて終わり、ということはなく、結果を出すところまで求められます。

目標設定から実行し、効果を検証するところまで体系的に学習します。

よくつまづくポイントは、解決策を上司や周囲に提案しても、それが通らないということではないでしょうか。

提案する際のポイントも踏まえて、結果の出る問題解決力を磨いていきます。

 

4.学習する内容

目標設定・現状把握・課題設定のポイントをおさえる

問題解決のフレームワークでは、目標設定と現状把握が最初にきます。

目標設定と現状把握が「曖昧」であると、その後のフローである問題、原因、課題も全部曖昧になります。

目標設定、現状把握が曖昧な場合と、クリアな場合の違いを具体的に学習します。

また、原因から課題を絞り込むところが「センス」に依存しないように、課題を絞り込む基準を学習します。

曖昧な目標設定 課題設定・解決力 向上研修

適切な目標設定 課題設定・解決力 向上研修適切な現状把握 課題設定・解決力 向上研修

 

目標設定の視点についても、参加者のレベル、ミッションに応じて学習していきます。

 

対顧客で目標を設定する視点 課題設定・解決力 向上研修経営目標を設定する視点 課題設定・解決力 向上研修

 

解決策の焦点の当て方をインプット

解決策の特徴 課題設定・解決力 向上研修

課題、解決策を選んでいく際に、参加者ごとの「カラー」がでます。

  • 「自分」に焦点を当てる人
  • 「他人」に焦点を当てる人
  • 「システム・モノ」に焦点を当てる人

焦点を当てるターゲットごとに、どのようなメリット、デメリットがあるかを学習し、バランスがとれた解決策を導き出せるようにしていきます。

 

優れた解決者になるためにはどうすれば良いか?

実際のビジネス現場で優れた解決者として成長していくためには、どういう姿勢が必要であるか。理屈ばかり学習していると、基本が見えなくなってしまうことがあります。

一度原点に帰り、自分たちが成長していく上での基本を確認する時間を設けています。

優れた解決者とは? 課題設定・解決力 向上研修

 

解決策が実行できない背景も共有

解決策を上司に提案しても通らない。

提案が通らない状態が続くと、提案の仕方を改善する意欲が薄れ、受動的な働き方が習慣化するリスクがあります。

立場や経験によって問題意識が異なるという事実をよく理解し、目標、現状、問題のすり合わせが重要であることを共有していきます。

提案が通らない背景がわかれば、能動的に手が打てます。

立場による視点の違い 課題設定・解決力 向上研修

 

実行段階における説得のHOW TO

解決策を実行するよう説得する。これこそ、実際の課題解決の重要なポイントです。

プレゼテーションの仕方、信頼関係の作り方など様々な要素が必要になってきます。

論理、感情、信頼の3つの側面に焦点を当てて、説得のHOW TOもおさえていきます。

説得の3要素 課題設定・解決力 向上研修

 

豊富な練習問題でフレームワークを徹底的に練習

問題解決のフレームワークは、とてもシンプルなものですが、使いこなすためには練習が必要です。

欲張って、別のフレームワークを学習するのではなく、同じフレームワークを使って何度も練習することで、定着度を上げていきます。

定着度を上げるために、豊富な練習問題を用意しています。

 

問題解決力の自己診断機能付き

自己診断表 課題設定・解決力 向上研修

問題解決力を自己診断するためのコンテンツを設けています。

過去の研修では、若手社員、中堅社員の多くが、「思考力」は高い反面、「実践力」が低い結果になりました。

つまり、考えていることはあっても、言わない、実践しない。不満は溜まらないのでしょうか。

自分が変わり、会社を変えていく能動的なビジネスパーソンになるために、自分を見つめ直していきます。

 

5.研修プログラム

研修の参加人数
15~25名程度

所要時間
1日

プログラムのカスタマイズ
企業様のご要望に応じて、適宜プログラムはカスタマイズしています。

以下のプログラム例は「基本編」です。「発展・応用編」として「ロジックツリー」「特性要因図」「MECE」「アイデアの発想法」などを盛り込んだプログラムにカスタマイズさせて頂いております。

テーマ概要進め方
オリエンテーション研修のゴール、進め方を共有するとともに、自己紹介を行い、楽しくかつ真剣に考え、発言する雰囲気の醸成を行います。
アイスブレイク
課題設定・解決のフレームワーク課題設定・解決の基本構造が、目標、現状、問題、原因、課題、決策からなることを学びます。講義→
演習
目標設定・現状把握・課題設定のポイント優れた課題設定・解決の特徴について、演習を通じて学びます。

対顧客で目標を設定する視点、経営目標を設定する視点など、参加者のミッションに応じた目標設定の視点について学びます。
講義→
演習
解決策のターゲット焦点を当てるターゲットごとに、どのようなメリット、デメリットがあるかを学習し、バランスがとれた解決策を導き出せるようにしていきます。演習→
講義→
演習
解決策が通らない背景同じ情報を見ても、目的意識や持っている情報(立場)によって課題に取り組む姿勢や、課題設定が異なることを学習します。講義→
演習
解決策を実行に移すHOWTOこれまでに学習してきたことを踏まえ、どうすれば自分たちの提案が上司・チームメンバーに採択されるのかを掘り下げて考えます。講義→
演習
個人課題の検討自己診断を行い、今の自分が課題解決とどのように向き合っているかを振り返ります。

職場実践に向けて、学習内容をもとに個人課題を検討します。
演習→
発表

 

6.導入企業・参加者の声

導入企業
大手メーカー(電化製品)、大手メーカー(繊維)、大手メーカー(通信機器)、大手建設会社、市役所、大手学習塾、他

参加者の声
構造理解の部分と実例を混ぜたケーススタディで、落とし込む練習ができたのがとても良かったです。おかげさまで普段分かった気にだけなっていることもとても多いと分かりました。
 
問題解決していく中で何が大事なのか、どういうステップを踏めばより深くまで原因を追究し分析できるかなど、今日学んだことを誰かに話したくてうずうずしています。笑 今日学んだ事を早速明日から業務で実践していきたいなと思います。1日で結構な情報量でしたが、全く疲れませんでした。
 
解説が非常にわかりやすく、メンバーとのディスカッションもかなり、密度の高いものでした。
 
本や今までの経験から知っていると思いこんでいたことが、研修を受けてみると、分かった気になっていただけということに気付けた。

 
問題を解決するためにはどうすれば良いか、フレームワークを使って考えることが出来たので、非常にわかりやすく現場に活かせる内容で良かったです。また、問題の原因を洗い出す際にも、ひとりで考えるのではなくグループワークで考えることが出来るので、他の参加者の考えも参考に出来る良い機会でした。
 
「講義×実践」であったこと。本を読んだり話を聞いたりするだけでは、どうしても「技の使い方」がわからないまま「わかったつもり」になってしまうことがある。今回の講座は、グループワークや全員参加パートが多く、「実際に使えそう!」という実感を持つことができた。
 
考えているようで実は「経験」からの当てはめでしかなく、本当は「思考」に至っていなかったことに大きな反省を得ました。仕事だけでなく、私生活での些細な問題でもフレームワークを基に実戦練習してみたいと思います。
 
研修に参加するまでは、「問題」と「原因」と「課題」の定義の違いを明確にできていなかった。チームメンバーや上司と議論するときに、混乱している理由がよく理解できた。
 
課題を発見するためには、まず目標をはっきり持つ必要があることに気づかされた。上司、同僚と今の職場についてあるべき姿を共有するところから始めたい。原因から課題を選定するときの視点もこれまで意識していなかった視点なので、実践で試してみたい。
 
上司に改善案を何度提案しても通らなかったため、受け身になってしまっていた。自己診断で今の自分が「不満型」の人間になってしまっていることが自覚できてよかった。今後は説得するための3要素を意識して実践していきたい。